仕事の取れる声優になるために記事一覧

新人声優の期間は、とっても重要です!新人声優(ジュニア)の期間は、声優に与えられたことも大切な期間です。新人声優はギャラが安い分、様々な仕事が与えられるときです。そのほとんどは、脇役(端役)ばかりですが、現場の雰囲気を知り、演技を体験して磨き、たくさんの実績を作り、そしてたくさんの人脈を広げていく・・・声優としての基盤を作っていくための、とても大切な期間なのです。しかも、プロダクションに所属した声...

声優業界は、実力の世界です。まずはいちばん大事な実力をつけていかなければ、この世界で生き残っていくことはできません。そして養成機関でカリキュラムを一通り終えたら完了ということではありません。無事プロダクションに所属し、プロの声優として始めたとしても演技力は一生磨き続けていくものです。養成機関でのカリキュラムでは、一通りの基本は学んでいるはずですが、その基本である言葉の滑舌や発音、発声、アクセントな...

声優の演技技術どれだけ磨いたとしても、心が伝わらない技術だけでは仕事をとれる声優になることはできません。柔軟で幅広い心を持って、いろんな人やできごと、芝居や芸術など様々なことに触れることで、感性を磨いていきましょう。声優としての引き出しをたくさん持つことで、幅を広げることができるのです。また、声優業界の事だけでなく、普段の生活での経験というのも重要です。それだけ声優の仕事としての演技の幅、そして人...

プロダクション所属しプロの声優になると、いちばん近くにいるのはマネージャーです。そのマネージャーは制作会社に声優を売り込んでくれる仕事なので、自分を覚えてもらうことがとても大事なことになります。マネージャーはもちろんジュニア登録の声優たちのことも全員知っていて、声優の仕事を探してくれますが、それぞれの長所や個性などをしっかりと把握するのは大変なことです。そのため、出来る限りプロダクションのほうに直...

一つ一つの仕事を大切に!新人(ジュニア)声優の期間は、端役などの様々な小さい仕事が入ります。この期間は、基本的には平等にチャンスを与えてもらえます。そしてこの期間がとても重要です。一つ一つの仕事に対して、どれだけの結果を残すことができるかがとても大切なのです。仕事は毎回が一発勝負ですから、下手な失敗をしてしまったら次の仕事が来ない可能性もあります。しかし、失敗は誰でもするものです。失敗したからとい...

自分をアピールする自分のの声質や実力を知ってもらうためには、自分でボイスサンプルを作るというのもいいでしょう。プロダクションの作る正式のものとは別に、特に新人声優の期間は、自分で自分の声を録音し、マネージャーさんなのに聞いてもらえるといいでしょう。自分の声質や実力を知ってもらい、コミニケーションツールとして活用していく方法は有効です。ボイスサンプルの作り方静かな環境の中で録音をする自分の部屋で録音...