世界に飛び出す声優

今やアニメは世界に誇る日本の文化となりました。世界にはアニメをきっかけに日本に興味を持つ人が多くなり、今では「SEIYU」という言葉が国際語にもだっているんです。アニメだけでなく、声優も世界へ飛び出す時代が来ています。

 

 

アニメが日本への興味のきっかけに!

 

 

 

 

世界ではたくさんの人たちが日本語学んでいます。それも若い人たちの中には、日本のアニメを見たことがきっかけで、日本や日本語に興味持ったという人がとても多いのです。しかも、そのような人達には声優という仕事も、「 SEIYU」という言葉で通じるほど、よく知られるようになっています。

 

世界の日本語学習者を日本に招待して開かれている日本語サミットというものがあります。そこでは世界中の優秀な日本語学習者が集まり、日本語で語り合います。2007年に北京で行われた、日本語・日本文化世界会議では、10代から20代の日本語を学ぶ若者たちが集まり、世界平和や民族の壁をいかに越えるかということ話し合いました。その時のゲストには声優の古谷徹さんが招かれました。

 

 

 

 

古谷徹さんといえば、巨人の星の星飛雄馬や、機動戦士ガンダムのアムロ・レイ役でとても有名な声優です。その時の歓迎ぶり、熱狂ぶりはとてもすごく、招待した外務省の方々もとても驚いていました。さらにその大会の前夜祭では、日本語を学ぶ学生達によるアフレコ大会も行われました。その時のアフレコ大会で使われた作品は、機動戦士ガンダム、聖闘士星矢、美少女戦士セーラームーンなど、世界でも人気の高い作品でした。

 

このようにアニメの影響力というものは凄まじいと感じます。アニメだけではなく、声優も世界に飛び出す時代が来ているようです。

 

 

声優とは、アニメに命を吹き込む仕事です