体力をつけよう

 

 

 

声優という仕事をイメージすると、一見声を出すだけだと思われがちですが、実は体力はとても必要です。良い声を長い時間の間出すためにも体力は絶対に必要です。声優を目指すために必要な体力づくりについて、知っておく事は大切です。

 

毎日続けよう!

ジョギングをしたり、腹筋をしたり・・・これらの基礎体力も必要ですが、何もスポーツマンのように強靭な肉体を作り上げるわけではありません。ですが声優をするためには発声は大事です。発声をするときにはお腹から声を出しますし、実際に現場に入ったときには、仕事が長時間続くこともあります。そのためにも体力をつける事は大切なのです。

 

演技の勉強などは、養成所などで行えますが、体力づくりだけは自分自身でやっていかなければなりません。まずは毎日腹筋とジョギングをしましょう。はじめはウォーキングからでも構いません。初めは少しずつ腹筋とジョギングを始めていき、ある程度慣れてきたら、腹筋30回を2セットと、ジョギングを30分程度行うことがベストです。

 

ストレッチもやりましょう!

そしてもう一つ大事なことは、ストレッチです。声を出すときに体が硬くて緊張していては良い声が出すことができません。体も心もリラックスした状態になれるように、運動とともにストレッチは必ず行うようにしてください。ストレッチはできるだけ長い時間たっぷりとやった方がいいです。毎日の運動で、しなやかな体作りを心がけてください。